麻しん(はしか)患者の発生について 横浜市

麻しん(はしか)患者の発生について

最終更新日 2019年11月19日

記者発表資料

令和元年11月19日

健康福祉局健康安全課

船山 和志

電話番号:045-671-2442

ファクス:045-664-7296

横浜市内の医療機関から11月18日(月曜日)に麻しん患者の届出があり、その後市衛生研究所における遺伝子検査で陽性が判明し、麻しんの診断は確定しました。
患者の行動や接触者について調査したところ、周囲へ感染が起こる可能性のある時期に、不特定多数の人が滞在する施設と公共交通機関を利用していたことが判明したため、報道発表しました。
(記者発表資料は、一定期間後、掲載を終了します。)

引用元