公開講座 ギャンブル依存症を知る 23日、寿町の医師らが語る

公開講座 ギャンブル依存症を知る 23日、寿町の医師らが語る

 市民公開連続講座「ギャンブル依存症の実態を知ろう!」の第1回が11月23日に中区福祉保健活動拠点=中区山下町2・4階=で行われる。

 2講演あり、1つは「寿町で診るギャンブル依存症」について、ことぶき共同診療所所長の鈴木伸医師が語る。2つ目は「ギャンブル依存症当事者そしてピアサポーターとして」を、川崎市内でギャンブル依存症の回復支援活動を行うNPO団体の副代表、野澤賢一さんが説明する。

 開演1時30分から4時まで。参加費500円で定員60人となっている。申し込み先着順で定員になり次第締切。

 同講座は3回企画されており、2回目は来年1月12日、3回目は3月20日。主催団体のかもめサポートでは「当事者の声を聞く機会になれば」と話している。

 申込/山口さん【携帯電話】080・5474・7555、kamosapo@mbp.nifty.com

引用元