「地産地消」都市部でPR 桜木町周辺で「食と農の祭典」

「地産地消」都市部でPR 桜木町周辺で「食と農の祭典」

野菜のスタンプでアート。タイトルは「天真爛漫」
野菜のスタンプでアート。タイトルは「天真爛漫」

 市民が地産地消にふれる機会の拡大を目的とした「食と農の祭典2019@横浜農場」が11月16日と17日の2日間、桜木町駅前と北仲通北第二公園で行われた。市の地産地消月間に合わせたもので、主催は農業振興課。

 毎月開催している「横浜北仲マルシェ」と同時開催した同公園では、中区新山下に醸造所がある横濱ワイナリー(株)や、市内の農家らがブースを出展。珍しい色の地場野菜や、地場産の加工品などが販売された。

 体験型のワークショップも行われ、野菜の切れ端をスタンプ代わりにした絵はがきづくりでは、小松菜の茎の断面を利用してバラの花びらを描く参加者など、力作が見受けられた。

 桜木町駅駅前にはトラクターの乗車体験ブースや、横浜から国内に広まった野菜の紹介パネルなども設けられた。

市内の生産・加工業者(写真は横濱ワイナリー)やトラクター展示も
市内の生産・加工業者(写真は横濱ワイナリー)やトラクター展示も
引用元